島根で木の家を建てるなら。自然素材・高気密・高断熱・地中熱を利用した、省エネで住む人に優しいマイホームをご提供する地域密着工務店です。

マサ兄ブログ 

材木検査と「木のマンションリノベーション」セミナー 2017年10月 6日

昨日は、現在進行中の物件に使用する材木の確認に行ってきました。

PA052556.jpg

構造材の中でも、木材をそのまま見せる部分に使う材料を確認しました。

肌の色や、節の出方など。

今の時点では製材をした、肌の粗い状態ですが、カンナを掛けた状態でどうなるのか、建てた状態でどう見えるのかなど、想像しながら確認しました。

これからプレカット工場にて、加工に入ります。

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

ショールームで住宅設備機器の確認 2017年9月26日

先週末、住宅設備機器のメーカーさんのショールームへ、採用予定のキッチン・ユニットバスなどの商品の確認に行ってきました。

P9232558.jpg

このメーカーさんのショールームは島根県内には無く、お隣の鳥取県米子市まで足を延ばしました。

県内にも住設機器取扱店さんのショールームもありますが、やはり展示してある数が違いますので・・・

カタログだけで商品を決めることも可能ですが、実際の色や形、手触りや高さなどの寸法を確認して頂きたいので、当社では一度はショールームで実物を確認して頂いています。

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

地盤調査を行いました。 2017年9月22日

昨日は、建替え工事予定の敷地の地盤調査を行いました。

P9212557.jpg

地盤調査は、その地盤がどれだけの重みを支える力(地耐力)があるのかを調べるために行います。

地耐力が足りない地盤は、住宅などの重みを支えられず、地盤が沈んでしまい、建物が傾いてしまうことがあります。これを不動沈下と言います。

不動沈下を起こしてしまった建物を修正するには多額の費用が掛かる場合もあります。また、建物の価値も非常に下がってしまうので、不動沈下を起こさないために、地盤調査が必要となります。

もしも地盤調査を行った結果、「建物を建てるには地耐力が足りない」となった場合には、地耐力向上のための地盤改良工事が必要となります。

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

地鎮祭を執り行いました。 2017年9月21日

先週末、母屋建替え工事の「地鎮祭」を執り行いました。

P9162553.jpg

地鎮祭(じちんさい)とは、工事を始める前に行うその土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。

一般には神式で行われますが、仏式で行われる場合もあります。

この日は、台風が接近中で天候悪化が心配されましたが、ポツポツと雨が落ちる程度で、滞りなく地鎮祭を行うことが出来ました。

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

新商品の内覧会 2017年8月30日

昨日の朝は騒がしかったですね。

携帯のアラームが鳴って画面を見ると「Jアラート 北朝鮮 ミサイル発射」の文字が。

通過地域からは外れていたんですが、それでもちょっと恐怖を感じますね。

テレビやネットで情報を確認しましたが、幸い国内には落ちなかった模様。やれやれ・・・

平和な世の中であって欲しいものです。

午後からは、お世話になっている住宅設備機器メーカーさんのショールームへ。

システムキッチンやシステムバスの新商品の業者向け内覧会に行ってきました。

P8292494.jpg

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)