島根で木の家を建てるなら。自然素材・高気密・高断熱・地中熱を利用した、省エネで住む人に優しいマイホームをご提供する地域密着工務店です。

新築 

雲南市大東町「ふれあいの丘」に建つバリアフリーな百彩の家 2016年10月26日

DSCF8010.jpg

DSCF8005.jpg

2014年10月に、雲南市大東町に新築された「高気密・高断熱・地中熱利用の百彩の家」

車いすを利用して、デイサービスに通われるお婆様が同居しておられるため、お婆様の部屋(玄関すぐの部屋)から、玄関~玄関ポーチのウッドデッキ~スロープ~車まで、段差を無くした完全バリアフリーの家。

赤ちゃんのいるご家庭でも、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま家の中まで入れるので、子育て中のお母さんも助かります。

家中段差が無いので、お掃除ロボットが活躍しやすく、玄関土間の掃除まで問題なく出来てしまいます。

玄関からの視線を遮りながら、LDKからお婆様の様子がうかがえるように、部屋と出入り口を配置しました。

「百年の家プロジェクト」で学んだ家づくりの考えを用いて建てた、百年仕様の家です。

気密・断熱性能の高い建物に、換気経路を工夫した第三種セントラル換気システム「DSDD」を搭載。「デライト」よりもさらに消費電力の小さいシステムです。

常に新鮮な空気を、地中熱を貰いながら取り入れ、臭いの発生源や汚染源に近いところから排気を行います。

メインとなる暖房器具は、ダイニングキッチンに取り付けてある6畳用のエアコン1台。これを冬場は24時間つけっぱなしですが、以前の光熱費よりも少なくて済んでいます。

これによって、建物内の温度差を少なくし、住む人の健康と省エネに貢献します。


百年仕様
屋根:高性能グラスウール厚140㎜
外壁:高性能グラスウール厚120㎜
防湿気密シート
第三種セントラル換気システム(DSDD)
C値(相当隙間面積)0.5cm2/m2

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

雲南市大東町「和風の趣のある百彩の家」 2015年5月 6日

P1130862.jpg

P1130861.jpg

2013年12月に、雲南市大東町に新築された「高気密・高断熱・地中熱利用の百彩の家」

御施主様のご希望で、石州瓦を載せた和風の外観に仕上げました。二間続きの和室と廻り縁を備えながら、気密・断熱・耐震性能をしっかり確保しています。

「百年の家プロジェクト」で学んだ家づくりの考えを用いて建てた、百年仕様の家です。

気密・断熱性能の高い建物に、換気経路を工夫した第三種セントラル換気システム「DSDD」を搭載。「デライト」よりもさらに消費電力の小さいシステムです。

常に新鮮な空気を、地中熱を貰いながら取り入れ、臭いの発生源や汚染源に近いところから排気を行います。

メインとなる暖房器具は、ダイニングキッチンに取り付けてある6畳用のエアコン1台。これを冬場は24時間つけっぱなしですが、以前の光熱費よりも少なくて済んでいます。

これによって、建物内の温度差を少なくし、住む人の健康と省エネに貢献します。


百年仕様
屋根:高性能グラスウール厚140㎜
外壁:高性能グラスウール厚120㎜
防湿気密シート
第三種セントラル換気システム(DSDD)
C値(相当隙間面積)0.5cm2/m2

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

松江市西川津町「巽向きに建つ百彩の家」 2015年5月 5日

P1110606.jpg

P1110604.jpg

2012年2月に、松江市西川津町に新築された「高気密・高断熱・地中熱利用の百彩の家」

職業柄、書籍をたくさん持っておられる御施主様のために、可動式の書庫を備えた住まいです。

「百年の家プロジェクト」で学んだ家づくりの考えを用いて建てた、百年仕様の家です。

この敷地はほぼ南向きですが、あえて南東向きに、敷地に対して斜めに建物を配置しました。その理由は、「家づくりものさし塾」で聴いていただきたいと思います。

C値(相当隙間面積)0.28cm2/m2という、当社で最も気密性能の高い建物に、換気経路を工夫した第三種セントラル換気システム「デライト」を搭載。

常に新鮮な空気を、地中熱を貰いながら取り入れ、臭いの発生源や汚染源に近いところから排気を行います。

メインとなる暖房器具は、キッチンに取り付けてある6畳用のエアコン1台。

これによって、建物内の温度差を少なくし、住む人の健康と省エネに貢献します。


百年仕様
屋根:高性能グラスウール厚140㎜
外壁:高性能グラスウール厚120㎜
防湿気密シート
第三種セントラル換気システム(デライト)
C値(相当隙間面積)0.28cm2/m2

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

雲南市大東町「ふれあいの丘に建つ百彩の家」 2015年5月 5日

P1080828.jpg

P1080829.jpg

2011年3月に、雲南市大東町に新築された「高気密・高断熱・地中熱利用の百彩の家」

「百年の家プロジェクト」で学んだ家づくりの考えを用いて建てた、百年仕様の家第一号です。

基本、平屋建てのプランに大屋根を掛け、その小屋部分に2階の部屋を取りました。

職人が丁寧に施工した超高気密な建物に、換気経路を工夫した第三種セントラル換気システム「デライト」を搭載。

常に新鮮な空気を、地中熱を貰いながら取り入れ、臭いの発生源や汚染源に近いところから排気を行います。

これによって、住む人の健康と省エネに貢献します。


百年仕様
屋根:高性能グラスウール厚140㎜
外壁:高性能グラスウール厚120㎜
防湿気密シート
第三種セントラル換気システム(デライト)
C値(相当隙間面積)0.5cm2/m2

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)

雲南市大東町「大木原に建つ暖かい木の家」 2015年5月 5日

P1050078.jpg

P1050001.jpg

2009年2月に、雲南市大東町に新築された「外断熱の暖かい木の家」

屋根には「コロナ」という屋根材を採用しています。ガルバリウム鋼板に天然石を焼き付けたもので、軽くて耐久性があり、台風にも強いです。ザラザラした天然石のおかげで、雪ずりもほとんどありません。

アキレス外張り断熱工法
屋根:アキレスボード厚50㎜
外壁:アキレスボード厚40㎜
第一種換気、全熱交換器
C値(相当隙間面積)0.5cm2/m2

<詳しくはこちらをクリック>

| コメント (0)