和室をリフォームしました。

畳敷きの和室を、フローリングの寝室にリフォームしました。

お客様の希望は、ベッドを入れるため、フローリングにしたいのと、カビと寒さの改善でした。

工事内容は、外部に面した壁に断熱材を入れ直し、防湿シートを施工する。

床は畳を撤去し既存の座板の上に根太を転ばし、断熱材を入れ杉の無垢フローリング張り。

サッシをシングルガラスのアルミサッシから、ペアガラスの断熱サッシに取り替えました。

床は既存の座板の上に30ミリのスタイロフォームと9ミリの合板。その上に15ミリの無垢の杉圧密フローリングを張りました。

無断熱だった壁は、高性能グラスウール90ミリを充填。その上から防湿気密シートを張り、壁体内結露を防ぎます。

コンセント廻りも専用部品でキチンと気密を取ります。隙間風も防ぎます。

シングルガラスのアルミサッシは、断熱サッシに取替です。

間仕切り側の壁は、上塗りを撤去して防カビ処理を施してから、クロスを貼って仕上げました。

明るく、暖かい部屋になりました。

寒さや結露に悩まされずに、快適にお休みいただける寝室になったと思います。

ありがとうございました。

 

リフォーム前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA