丁張検査

昨日は、当社近くの団地で新築予定の現場で、住宅公社による丁張検査を受けました。
丁張(ちょうはり)とは、基礎工事の前に、建物の位置や高さを正確に出すために、建物の周囲に水平の板を掛けて、建物の位置を付けます。
そこに水糸(みずいと)を張って、柱の中心位置や基礎の高さを確認します。
P1140358%EF%BD%82.jpg


昨日は、住宅公社から2人の職員さんが、検査に来られました。
住宅公社の団地で建築する住宅は、工程の要所で、公社の監督員による検査が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA