洗出し仕上

松江市内で施工中のリフォーム現場。
左官屋さんが玄関ポーチの洗出し仕上をしてくれました。
PA101454.jpg
洗出し仕上とは、モルタルに色石などの大きめの骨材を練り合わせて上塗りし、完全に固まる前に噴霧器やブラシなどで水洗いをして石の頭を表す左官仕上の事です。


もともとタイル張りの玄関ポーチだったのですが、お客様が高齢になり狭いインナーガレージへ車を入れることが難しくなったり、足腰の弱ったご主人が楽に車の乗り降りが出来る様、玄関前に駐車スペースを作りました。
そのために既存のポーチを撤去したのですが、駐車スペースと同じ土間コンクリートで玄関前を仕上げるのは味気ないので、洗出し仕上にしてみました。
PA101456.jpg
モルタルが乾く前に、噴霧器とブラシで表面のセメントを丁寧に洗い流して行きます。
するとモルタルの中の色石が表面に出てきます。
PA101458.jpg
綺麗に仕上がりました。柱の右側は普通のモルタル金鏝押え仕上です。
最近は左官仕事も少なくなりましたが、このような手仕事はやはり味があっていいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA