寝室暖房すると風邪4分の1に

新型コロナウイルスの影響が広がっていますね。

マスクの不足、イベントの自粛、小中学校の休校。

中国で生産しているトイレやキッチンの資材が入らないなど、我々の仕事にも影響が出てきそうです。

とりあえずは、自分が感染しないよう、気を付ける事しか出来ませんが・・・

 

今朝の新聞に、こんな記事が出ていました。

寝室を暖房すると風邪4分の1に20200229.jpg

※画像クリックで拡大します

「寝室を暖房すると風邪4分の1に」

寝室を暖めて寝る子どもは、そうでない子どもに比べ、風邪をひく人の割合が4分の1にとどまるとの調査結果があるようです。

「家づくりものさし塾」でも毎回お伝えしていますが、冬場はしっかり暖房しましょう。寝る時もエアコンはつけっ放しで。

幾ら暖かい布団の中で寝ていても、冷たい空気を吸い込んでいては、意味がありません。

記事の中にもありますが、暖房を使った子供は、使わない子どもと比べて、インフルエンザの発症も0.55倍と低かったとの事。

新型コロナウイルスによる肺炎を含む冬の呼吸器感染症の予防に役立つのではないか、との事です。

手洗やうがい、マスクと合わせて、しっかり暖房と加湿をして、自己防衛しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA