護身術とはこうやってやるのだ

大東中学校では参観の授業が日曜日にあります。

 

 

今回の参観内容は「護身術」を家族で学ぶことでした。

 

浜田市でも女子大生の痛ましい事件があったので、

それを受けての授業でした。

 

島根県警から 警察官6名が指導に来校されました。

 

最初のあいさつの中で

「護身術とは相手を倒すための技ではありません。

相手から逃げるための技です。

相手に掴まれても外す技です。

ですから、究極の護身術は逃げることです。

この護身術を使わないのが一番いいことを分かってください。」

 

確かに使うシーンを作らないことが一番大切です。

 

実際に護身術の指導が始まるとコツを掴むのが難しかった。

 

また、3年生全員+保護者という大人数での指導だったので

島根県警の方も大変だったと思います。

 

これで防犯に対する意識が変わればいいなと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA