声がガラガラになりました。

 みなさんから「声どうしたの?カゼ?」

と、聞かれるほどのガラガラ声になってしまいました。

20100919Pvo.jpg

それは、雲南市のPTAによる

ママさんバレーボール大会があったためです。

 

実は今、

大東中学校のPTAバレーボールチームで

「監督」を務めていて、

その大会の声援の為、声がひどい状態になったのです。

 

私は「監督」といった柄ではないのですが、

中学時代の先輩からの依頼で引き受ける事になりました。

 

私が中学校に入学した時、

部活動はバレー部に入りましたが、その1年上にU先輩がいました。

後輩の私たちにいろんな事を教えてくれました。

時には厳しく、時にはやさしく、

とても面倒見のいい先輩でした。

 

中学を卒業して、高校は違ったものの、同じ汽車通学でした。

 

木次線というローカル線での通学でしたが、

当時の木次線は荒れていて、

新一年生にとっては怖いもののひとつとなっていたのです。

 

こわごわの木次線デビューでしたが、

ここで登場U先輩。

「おーっ、真澄~!木次線で通うか~。俺が守っちゃーけんなー!!」

と、いう訳で、とても快適な木次線通学が始まりました(笑)

そんなこんなで、大変お世話になった先輩なんです。

 

我が家の長女が中学生になった2年前の事ですが、

U先輩から電話がありました。

「真澄ぃ~、ちょっとお願いがあるけど。

今度、俺、大東中学校のPTAママさんバレーで監督する事になったけん、

お前、コーチやってごさんか。」

 

PTAバレーと聞いて奥さん方の集まりで、

しかも、

バレーののぼせもんときてます(笑)

自分でコーチなんか務まるかいな~と思いましたが、

他の誰でもないU先輩からの頼みです。

「僕みたいなもんでも良ければ」と返事をしました(苦笑)

 

 練習に参加してみると、

U先輩はコミュニケーションをとるのがとても上手です。

選手の能力を上手く引き出して、

強いチームになって行きました。

(続く。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA