山陰と山陽

今朝は積雪が15センチくらいでしょうか。
今年はよく雪が降りますね。積雪はそれ程でもないですが、良い天気が続かなくて、雪が消えず外の作業の段取りが大変です。
でも、そんな風に感じているのは我々山陰に住んでいるものだけでしょうか。
先日、岡山に行く機会があったのですが、山陰と山陽に違いはこんな感じでした。


早朝の出発でしたが、気温はマイナス2℃くらい。
バリバリの凍結路で我々が乗るバスも、出雲市から集合場所の雲南市木次町まで、普段の倍以上の1時間かかってやって来ました。
岡山に行く途中、蒜山パーキングではこんな景色。
hiruzenp.bmp
当然の雪景色に「こりゃまだまだ時間が掛かるな」と思っていました。
しかし、岡山はこんな天気でした。
naisokayama.JPG
風は冷たいですが、良い天気でした。
米子道の途中、湯原インター付近に長いトンネルがありますが、そこを抜けると劇的に景色が変わります。
岡山から帰ってくると 「トンネルを抜けると、そこは雪国」 状態です。
中国山地ひとつ越えるだけで、こんなに気候が違うものなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

床下地敷き込み