スカイライトチューブの見学会に行きました。

斐川の工務店さんの自宅で
スカイライトチューブの見学会があるということで
行ってきました。
もっとズームして撮れば良かったのですが、
屋根の上にあるのが、
スカイライトチューブのクリアドームです。
20090510slt1.jpg

スカイライトチューブは
電気を使わず
太陽の光を部屋まで届ける簡単な装置です。
2階上の屋根から1階のダイニングまで
引っ張っても
とても明るいことが実感できました。
20090510slt2.jpg
スカイライトチューブに蓋をして
今までの暗さも実感できました。
20090510slt3.jpg
スカイライトチューブの特徴は
反射率の高い筒にあります。
このお宅では3メートル以上の距離を
太陽の光を曲げながら
(実際には曲げるのではなく反射させながらです。)
部屋までその明るさが届きます。
カバーを外してもらうと
太陽光がダイレクトに来ているのが分かります。
20090510slt4.jpg
2階の筒が貫通しているところも見せていただきました。
これだけの長さを通しても
あれだけの光量が届くことに
嫁さんもびっくりしていました。
20090510slt5.jpg
「スカイライトチューブは暑くならないのか」
この日は各地で30度を超す
真夏日でしたが、
筒に触っても、何かひんやりとしています。
屋根上にあるクリアドームが
紫外線、赤外線を90%以上反射しているためです。
20090510slt6.jpg
昼間でも部屋が暗くてお困りのお宅に
是非、勧めたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
point笑顔ワンクリックに感謝いつもありがとうございます。雲南市で木造建築を営む工務店の建築士がお届けするブログ「薪ストーブの様なあったかい心で家づくり」ありがとう!!ぴかぴか(新しい)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

車庫新築工事