コロナ屋根洗浄

あっという間の盆休みでしたが、

皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。 

私はどこへ行っても飲んでばっかりでした~(笑)

20110812corona1.jpg

お盆前にはコロナ屋根の洗浄をするということで

大島建材店さんへ見学に行きました。

コロナ屋根はガリバリウム鋼板に

天然石「ストーンチップ 」が葺きつけられている屋根材です。

 

20110812corona2.jpg

コロナ屋根の特徴は

メリットとして、

  • 軽い
  • 風に強い
  • 地震に強い
  • 部分損傷でも取替が容易
  • 雨の日でも歩ける
  • 雪ずりがほとんどない
  • 色あせがほとんど無い
  • 耐久性がある

デメリットとして

  • 汚れが付きやすい
  • 切断面をケアしないと錆びる可能性がある
  • デザインに限りがある(これがデメリットかは?ですが・・・)

などです。

20110812corona3.jpg

本場ニュージーランドでは

コロナ専用の屋根洗い屋さんがいるとか。

今回はコロナを施工している大工さんが洗浄されました。

20110812corona4.jpg

↓洗浄前

20110812corona5.jpg

↓洗浄後

20110812corona6.jpg

↓洗浄前後の比較

20110812corona7.jpg

色落ちした様子も無く

施工当時の色合いを出していました。

20110812corona8.jpg

洗浄している様子を見ると比較的容易です。

コロナはもともと施工前から余分なストーンチップが落ちたりしますが、

よっぽどのことをしない限り下地が出るほど欠落しません。

↓洗浄して下地の鉄板が見えるところはありませんでした。

20110812corona9.jpg

役物廻りは補修用のストーンチップが付いていますが

その部分も欠落することなく大丈夫でした。

20110812corona10.jpg

 

 洗浄の様子を動画で撮りました。

汚れが比較的楽に取れるのも確認できますが、

屋根が濡れても滑らず安心して歩ける様子も分かります。 

 
これだと
「雨の日でも掃除ができる。
逆に雨の日のほうが汚れが流れて良いかもしれない。」 
と話していました。 

コロナ屋根洗浄” に対して1件のコメントがあります。

  1. 政府開発援助 より:

    どうも、無事に自宅に着きました。
    ご心配頂きありがとうございます。(心配なんかしてないか)
    走行距離:8月17日 165.34km 松江~兵庫県新温泉町
          8月18日 178.60km 兵庫県新温泉町~京都府亀岡市
          8月19日  94.13km 京都府亀岡市~奈良県葛城市(自宅)
           合計   438.07km
    1日目と3日目は調子良く走れましたが、2日目は調子が悪くスピードに乗れなかった為、コースを途中で変更しました。
    当初の計画では、もう少し距離が短いはずだったのですが、実際に走ってみると長くなってしまうのは、自転車旅行の常でありまして、目論み通りに走れたのは3日目のみでした。
    話は変わって、14日は飲み会を開いて頂きありがとうございました。
    また、いつもの如く私の独演会のようになってしまい、反省しております。(ホンマに反省してんのか!)
    また、帰るときは連絡します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA